汁物にとろみをつける?高齢者のごっくんの補助をしてくれるもの

スポンサーリンク
食事 食べ物について

皆さんトロミ剤って知っていますか?

若者でも水をいきよいよく飲み込むと肺に入ったりしてむせてしまいますよね

高齢者はごっくんする力が弱くなるためトロミ剤という補助食品を使って水分にとろみをつけることがよくあります

ものしり
ものしり

トロミ剤って粉で出来ているので簡単に使用できるんだよ

利用者
利用者

使い方がわからないから施設にお任せしちゃうわ

この記事の特徴

・最近水分のあるものを飲み込むとむせる

・施設でトロミ剤を使用しようか?と相談された

・トロミ剤に興味はあるがどんなものか知りたい

元栄養士が現場でつちかった体験談を元にお話ししていきますね

意外と知られていない「トロミ剤」の活用です

なぜむせる?それは年齢のせいです

ちょっとコップ1杯のお水を少し飲むだけでむせ込んでしまう

下手したら自分の唾液でもむせてしまう経験は誰でもあります

嫌ですね。

ごっくんする力は次第に弱くなりモグモグ・ゴックンの一連の動作はリハビリの一環にもなっているぐらい喉の筋肉は大事とされています

食道と気管のさかえめの弁が上手く働かないことにより水や食べ物が気管の中に入りむせてしまいます

ひどくなると誤嚥性肺炎などという病名も付くぐらいモグモグゴックンが大切になるんですよね

ここではあえて詳しく説明しませんがむせる原因は筋肉の衰えで起きるという事です

施設でとろみを使用しましょう?

老人ホームなんかに行くととろみをつけて食事をしている人が大勢います

なんで?とろみってそんなに大事なの??って思いますよね

はい。大事です

上記でも述べたように個人によってはとろみをつけないと食事の摂取が厳しい時があります

誤嚥性肺炎の危険性がある時

嚥下が上手くいかない時

細かく切ったご飯を束ねて食べさせたいとき

この3点が大きな要因で施設側はとろみを進めてきます

一番下は嚙み切る力が無くなったりモグモグする力が無くなり歯が無かったりいろいろ要因はありますが施設側は個人の噛む力によって食べやすく切るように工夫されています

(私がいた施設ではミキサー食・とても刻む食・刻み食・一口食・普通の形でした。今ではムース食なんてのもあります)

細かく刻んだものがスプーンからこぼれ落ちないようにまとめるようにとろみを使用する時があります

自然と水分も補給されるのでとても便利です

汁物にとろみをつけるトロミ剤ってなんなの?

水やお茶やジュース

味噌汁やスープ

なんでもとろみをつけてしまうトロミ剤 

主な原材料はでん粉とその他

もちろん口に入れるわけですから危険なものは入っていません

しかも粉末なのでサッと溶けるのが多いです

トロミの作り方

コップの中にとろみをつけたい汁物をいれます

粉を入れます

混ぜます

出来上がりです

とても簡単

使い方はとても簡単です

鍋に粉を入れて火にかけて・・・なんて片栗粉のようなイメージではありません

そのものが冷たいとか熱湯だろうが関係なくとろみをつけてくれます

ものによっては40度のお湯でとかありますがほとんどのトロミ剤で適応しています

注意事項

簡単に思われるトロミ剤でも注意事項があります

私たちはそれを結構厳守しています

二度入れ禁止

一回かき混ぜてしまったトロミはもう一度粉をいれると不思議と玉が出来てしまいます

この玉・・舌でつぶすと粘々ヌルヌル不快感たまりません

なので作るときは一気に入れて一気にかき回すのが鉄則でした

とろみがついている食品のとろみは無理

もともと とろみがついているすりおろしたトロロ

美味しいですよね

でもこれにいくら「トロミ剤」をいれても全くとろみがつかないんです

酵素の関係でしょう

他にも体験しているのが「なめこの味噌汁」美味しいですね

これも元々はなめこからのとろみが出ているのでとろみをつけるのが大変です

大量に入れればとろみがつくのですが・・・

ベストなトロミ具合を作る

とろみを作るうえでの重要なのが薄すぎず(サラサラ)濃すぎず(ベトベト)

これも一番重要です

サラサラを作ってしまうと上手くゴックンが出来なくなりむせてしまいます

逆にベタベタのとろみだと飲み込むのに一苦労

下手をすると喉に詰まってしまう

イメージはお団子をあげているものですね

ベストな濃さがパッケージに表示されているはずです

食してわかるトロミ剤のまずさ

昔の施設ではまだトロミ剤が主流でしょう

ポカリスエットを水分補給のため作っていましたが

どんなものだろうと食してみました

ベタベタ・・・

スプーンで食べるので仕方がないという事だったのですが

正直美味しいものじゃないな

そんな感想でした

そんな中

企業側も改良してきた

つるりんこは画期的な企業努力!

はっきり言ってトロミ剤にマイナスのイメージを持っていたが

この商品は全然違っていた

作り方は同じなのだが口に入れた触感が

ゼリー 触感!そう「つるん」とした舌ざわりで美味しく食べれてします

これを知ったとき衝撃でした。

まずいのイメージ飛びましたからね

でも

まだまだ企業さんで探すといろいろな物がありそうなので期待です

トロミ剤のまとめ

あまり知られていないトロミ剤の存在ですが

施設利用者では当たり前のようにとろみを使用しています

もちろんミキサー食にも少し入れてとろみをつけ食べやすくしています

もともと特別養護老人ホームに就職しその後病院にもいましたからトロミ剤の使用なんて当然のような存在でしたがパートさんでくる新人さんはやはり珍しい存在でした

なので知らない人に向けて今回紹介してみようと書いてみました。

お年寄りの介護は大変ですよね

少しでもよく食べられるようになりたいですよね

少しばかりですが配食弁当の記事も書いていますのでこちらも参照ください

お年寄りの利用急増!宅食便・つるかめ・まごころケアまとめてみた
宅配のお弁当を考えている人は必見です!よく利用している3社を比較してみました。コストパフォーマンスやコースの種類。始めてみたいけどお勧めする会社は?どんなのにしたらいいの?という悩みを書きました。高齢者でも利用可能です

コメント

タイトルとURLをコピーしました