『リアル体験談』横浜中華街で手相を初めてやってみたある家族の話 

スポンサーリンク

2021年10月24日

暇だ!どこかに連れていけ!

そんな会話から横浜の中華街に行くことになったとある家庭のリア話

10月は何もしないで終わる

目標をたてればいいんだけど・・その目標もなんとなくで終わった

今自分が何したいのかもわからない

なんでブログをやろうと思ったのかもわからない

完全に迷走

人生迷走中

家族は今まで頑張って来たんだから休めって言うけど

突っ走ってきたから 

急に止まった分の反動が今に至る・・・

「私 なにしてるんだろう・・・」

Twitterの人たちは充実した日々を送っていそう

人とあまり比べたことない私だが

ここにきて最近

自分の行いに疑問を感じる

私 なにがしたいんだ?

人生初の手相をやってみた

先日。横浜の中華街に行ってみた

若い子が列に並んで寒い路地にいっぱいいた

「本当に当たるん?」

娘に言ってみたけど娘もやったことないからわからないと

ご飯を食べ終え数時間後に戻ってきてもまだ占いの列があった

最近の人たちは占いがすきなのねぇ~

冗談半分でちょっと寄ってみようかな

気にしてるようで気にする娘に

「面白そうだから・皆でやってみようよ」

娘のビックリした私の発言

そう 

私は現実主義だった

占いなんて絶対当たらない

そんなものにお金など無駄って子供に言っていたから

気まぐれ

そう あの時は気まぐれ

「三人様ですね。こちらでおまちください」

小さな待合室に座らされ・・撮影は禁止です・・の文字

「ち!ネタになりそうだったのに」

そう呟いた私だが

娘は「何見るの?私悩みなんてないんだけど・・・?」

意外と今の子だから悩みがあるのかと

「なんか あるでしょ ほら?」

私は占ってもらっている人たちを指さし娘を考えさせる・・

これは 悩みがない人が来るもんじゃないな・・

そう思ったのだが一応 入ってみたんだ なんかあるだろう・・

ついに占い師のもとに・・・

私の彼と私と娘・・・三人で手相占いをしてもらう

三人とも初心者

こんな所に入ったこともない

ドキドキ・・ドキドキ

「お待たせしました。こちらへどうぞ・・・」

案内されて入ったのがちょうど三人座れるちょっと大きな部屋

目の前には占い師とやらの50歳くらいのおばさん

「私の専門は・・・占星術・・」

とかなんとか 言われてもわからない 

だって興味ないから

私は思わず「表の看板に手相が書いてあったので面白そうだから入ってみました」って半分冷やかしのような感じで言ってみた

絶対 手相なんか当たらないと・・・

おや?なんで?わかるん?

「では、三人 両手を出してください」

その合図で 占いが始まりました。

絶対わからないだろう! 

そんな気持ちで手をだす!

「一番初めの男性の方は・・・事業主さん?

私と娘が「へ?!」 顔を見る

実は昔 事業主だった

だったので過去形だが 手相は事業主の手だと言っていたのだ

「この線・・出てるもの」事業主

雇われよりも雇う方が好きよね

考え方が経営者よって

ありえない・いきなりズバリってきた 

偶然偶然 怖いわー

娘の手相に行き

この子は世界に興味があるわね」

!?

いや 若者ですから・・世界に興味はあるとも

でもうちの娘は 世界史が大好き 

語学研修に外国に連れて行けと中学校の時ねだれ サポートセンターまで行ったくらいだ

結局 アメリカとオーストラリア(修学旅行)でいったが・・・

偶然偶然

良くある話

ずばり当てられ 前者2名は信じ込んでいるありさま

なにもない私は線も薄い

さぁ おばさん 何が見える!

完全に戦闘モード突入!ファィ!

「あなたは今までも仕事一筋のキャリアウーマンね」

はい

チー―――――ン!試合終了

そうよ 私は今まで仕事一筋 仕事だけだった

仕事の線がくっきり出ているの。どこに行っても皆と仲良くやっていけるわ

わかる!いつも楽しく働いていた 前の職場もお願いだから来てって言われて再就職した所

今回はもう何度言われても戻らないって誓った!だから 戻らない

好き!このおばさん 私の良き理解者

手相恐るべし

今回は本当にご飯後に入って時間が無いので簡単に見てもらった

私の家族は皆「仏目」(ぶつがん)があるらしく

娘はしっかり出ている

神秘的な力に守られ霊感が強いと言われた

娘は思い当たる事が多々ある

困ったとき必ず誰か助けてくれる

人が数倍苦労するだろう試練も人の助けによって軽くこなしてしまう

たまにそれで

友達と喧嘩したり仲間外れにされたりとした経験がある

そんな 手の線でわかるものかね?

私と娘は特にご先祖様に守られているとも言われた

思い当たることがある

これは 占い師の文句なのか?

わからなが 

手相占いって面白い事がわかった

その他にも良い事悪い事言われ

ピピピピっとタイマーが鳴ったがまだ続く

最後 「お嬢ちゃん なんか聞きたい事ないの??」

やる前は 何もないって言っていた娘だが一言

「彼氏いつできる?」

切実! なんだかんだ言っても女子大生の悩みだ!

娘の悩みが発覚 それは 彼氏が出来ない事だった

占い師さん 時間過ぎているのに・・・

占星術の本出してきた

「人間ってリズムで動いているのよ」

娘の生年月日聞いてぺらぺらと本をめくる

「大変!モテ期今月までよ・・・なんかあったでしょ思い当たる事なかった?」

「・・・あと一週間じゃん」

娘よママは知っているぞ 

お前この間 男友達と劇団四季見に行っただろう・・・

言えない・・今この場でいえない

娘が言わないからママはネタにできない!

しかも 彼氏欲しいとか知らんかったし!

きっとうまくいかなかったんだろう・・・

そんなことも言えない・・・・

内心  心の中は大爆笑

「大丈夫 来年にもう一度来るわよ ●月●日~●日まで ここがまた勝負ね」

娘必死!!

帰り際の会話が盛り上がる盛り上がる

占い師さんに別れを告げると

娘と会話が盛り上がる

女子会状態

「ママはやっぱり仕事が一番なんだね」

「あなたは 女子力あげなさいね」

そんな会話を永遠に・・・

ただ1人落ち込んでいた人が・・・

来年病気になる 気をつけた方がいい

言われてしまった 元経営者さん

本当に当たるか 当たらないかはこれから

でも忘れないように私は記録として残しておこう

ただ何となく入った占いの館だったけどみんなが並んでまで入る理由が良く分かった

え?何処って

「ふふふ・・・」

コメント

タイトルとURLをコピーしました