最近の病院食はまずい?病院の味を家庭でも!食卓便利用で健康な食生活

スポンサーリンク
食事 食べ物について

最近の病院食は入院してみないとわかりませんが

はっきり言って

美味しいです

病院の中にはちらし寿司とか

行事になるたびに豪華な

料理を出すところもあります

そんな

叔父が入院から帰って来た時の話です

「塩分の濃い味付けは気をつけてください」

叔父は独り暮らしだったので好きなものを好きなだけ

毎日お腹いっぱいに食べていたそうです

そんなある日

急に胸が苦しくなり救急車に運ばれました

急性心筋梗塞・・・

日本人の発症率が高い病気ですね

入院している時は医療者さんのケアもあり

何も後遺症もなく無事に退院できました

だけど家に帰るなり一つ心配事が出来てしまったのです

それは

食事の管理・・・

病院では食事のおかげで血圧も正常に戻りましたが

今までの生活は不摂生極まりない生活を送っていたので

叔父は死ぬ寸前で自分の食生活がいかに悪かったのか自覚したようでした

病院のような食事を自宅で出来ないものか?

同じ食材を使っているのに何か味が変だ

調理器具が違うのか?

という事で私に相談してきたんです

病院などの食事は集団調理なので

家庭とは全く違う設備を備えています

昔のようにガスで調理なんて

今はほとんど行っておらず

スチコンと言う機械で

一気に過熱して余計な油を飛ばしてしまったり

塩分も0.1g計算でしているので

家庭ではほとんど病院の味は再現が難しいのです

そこでほとんどの病院を委託している会社が出している

宅配弁当があったんです

これならほとんど病院と変わらない味付け

独自のセントラルキッチンを保有している

宅食便のご紹介をしたいと思います

娘

実際に家に帰ってから減塩食なんて

病院とは味が違うから普通に戻っちゃうよね

持病持ち
持病持ち

自宅で減塩何て作れないし・・

病院の時は管理されていたからね

主婦
主婦

家庭と施設では味が違うのよ

高齢者や入院していた人にも違和感なく自宅で食べられる3つの理由

  1. ほとんどの病院の委託を受けている会社が出しているお弁当
  2. 症状別のお弁当が選べる
  3. 減塩でも工夫次第で美味しく食べれる

1・日清医療食品が提供している宅食便のため病院の味が出せている

皆さんはご存じでしょうか?

ほとんどの病院や特養施設に日清医療食品さんが宅配事業をしています

どんな会社かって言うと 日清医療食品 をご覧ください

病院業界 シェアーNo1 の大手企業ですね 

栄養士の在籍数も一番多い

全国に約9,000人の管理栄養士・栄養士が在籍しています

その栄養士さんが商品開発をしているため

実際に病院や特養といった実践の場で

提供している食品がお弁当として

自宅に届けられるので安心です

2・症状に合わせた豊富なコースが多い

初めての方が限定の4食セットなので気になる人は

利用してみるのも良いですね

しかも送料無料で試せます

4食すべて1,980円(税込み) 1食495円

  • おまかせ
  • 低糖質
  • 塩分ケア
  • たんぱくケア
  • カロリーケア1200
  • カロリーケア1600
  • やわらか食事

お試し(おまかせ)

一番人気のコース

興味はあるけど、いきなり7食は心配・・と言う人にお勧めです

お試し(低糖質)

1食あたりの糖質を10g以下に抑えています

お試し(塩分ケア)

1食あたりの塩分を2.0g以下に抑えています

お試し(たんぱくケア)

タンパク質をコントロールしたい方

カリウム・リンの値が気になる方向け

お試し(カロリーケア1200)

1食あたり400㎉ 程度にコントロールしたい方

(ご飯100gを含んだ場合)

お試し(カロリーケア1600)

1食あたり530㎉ 程度にコントロールしたい方

(ご飯100gを含んだ場合)

お試し(やわらかい食事)

歯ぐきでつぶせる硬さを目安にやわらかく調整した食事

入れ歯など使用している人や

高齢者に人気 いつまでも食べるという

咀嚼は脳の刺激にもなりますからね

3・薄味ではない しっかりした味付けでも減塩食として対応

入院生活が長くなると病院の味にも慣れ

素材そのものの味がわかってきます

最初は

味が薄いな 

食べられないな

っと 思っていた味付けが

いつの間にやら美味しいなぁに

かわってきてしまいます

そんな状態で家に帰っていつもの味付けをしたら

また病院での入院です

また自分は減塩だから

味の濃いものは食べないと

過剰に制限してしまうと

食の楽しさも無くなってしまいます

減塩としっかり言っている

宅配でも しっかりと味はあります

調理の工夫で減塩のなるのですから

お弁当を使って簡単に生活するのも

いいのかも知れません

冷凍庫に入れているので好きな時に食べられる

冷凍で届くため

電子レンジでチンすれば

いつでも食べられる

また

食品のロスも少ないので

金銭的にも節約になります

無駄な買い物も

しなくて良いのはいいですし

重い荷物を運ぶのも大変です

宅食便とセントラルキッチン

セントラルキッチンとは?

病院・介護施設などで提供している大量多品種の

調理を一か所で行う施設です

一定の品質の商品を

安定的に提供することを目的として

建てられている施設です

宅食便と日清医療食品

このセントラルキッチンを保有している

日清医療食品ですが

宅食便とどのような関係なんでしょうか?

ザックリ言うと

2014年の7月に日清医療食品と日立製作所が

協業し、食事宅配サービスとクラウド型健康支援サービスを

セットにした「宅食便withはらすまダイエット」を

販売開始したのが始まりとされています

wikipedia 日清医療食品より

ようするに

日清医療食品が

宅配食に参入したんですよね

持ち前の技術を使っているので

病院食や介護食のノウハウがあるので

利用者も多いのもわかります

宅食便まとめ

国内の病院や福祉施設へのサービス実績一位の

実績ある会社が

作っているお弁当なので

実際に病院で食べた味が

そのまま自宅で食べられるのは

嬉しいものです

塩分制限でも味が濃いんじゃないか?

などと質問が良く来ますが

すべての味を薄くしてしまったら

食べるという楽しみが無くなってしまいます

献立をたてる方は

どれか一つを工夫して味を極端に

薄味・もしくは素材の味を活かすと言うように

1品を減塩として考え

トータルで塩分〇gとして考えます

というものの 

お弁当自体は病院の時のように

ちらし寿司などはなく

行事のようなものはありませんが

その他に配食弁当を紹介しているので

こちらからどうぞ↓

栄養士が言う!高齢者こそ使おう宅配弁当をお勧めする5つの理由
宅配弁当を検討中ですか?そんな方は必見ですよ宅配弁当って料金が高いなぁってまず考えてしまいますよね施設を利用している人は施設のお弁当を届けてもらうサービスを受けていますが...

コメント

タイトルとURLをコピーしました